町田市の一般的な葬式事情・業者選びや予算相場を解説

墓

お葬式の服装で気を付けたい事

お葬式の連絡を受けた時、一旦家で支度が出来るようであれば喪服を着用します。もし喪服が無い場合は、地味な色合いのスーツなどで参列しましょう。女性の場合は、黒い色の洋服は一着くらいはあるはずですので、派手なものでない限り弔問でしたらそれで間に合います。男性の場合は、やはり地味な色合いのスーツに、黒ネクタイで済みますのである意味問題がありません。また高校生まででしたら、制服着用がよろしいでしょう。学生の場合の準礼服は、学生服と言えます。
さて特に女性の場合の服装は、ちょっとした注意が必要です。所謂喪服でない場合は、デザインも色合いも地味なもので肌があまり見えないようなデザインの物が望ましいです。せいぜい半袖くらいにしておきましょう。またアクセサリーも、光物は避けます。真珠は祝儀不祝儀に使用できる宝石ですが、それ以外は避けておいた方がよろしいでしょう。急なお葬式で用意がしっかりできない時などは、アクセサリーは外してしまうのが一番よろしいです。髪留めなどにも注意してください。
また男女関わらず、時計にも注意しておきましょう。普通の時計でしたら問題ありませんが、これも光るものがついている時計やベルトでしたら、忘れずに外しておきます。

CHOICES ARTICLE

明確な料金を教えてもらいましょう

お葬式業者に依頼をする場合は、かかる料金を明確にしてもらいましょう。明確にしてもらう事によって、金銭的な部分で納得をする事ができない事…

MORE

オプションの種類や価格を把握をする

基本的な価格だけだと非常に安くなりますが、しっかりとお葬式を行ってあげたいと感じるとオプションを利用する事もあります。お葬式の依頼をし…

MORE

支払いの期間を確認してから依頼をする

お葬式を依頼すると当然ですがお金がかかってしまいます。支払いの方法を確認する事も重要になりますが、いつまでに支払いをしたら良いのか知る…

MORE

お葬式の服装で気を付けたい事

お葬式の連絡を受けた時、一旦家で支度が出来るようであれば喪服を着用します。もし喪服が無い場合は、地味な色合いのスーツなどで参列しましょ…

MORE